不動産売却で発生する諸費用とは?

目次

不動産売却で発生する諸費用とは?

不動産を売却する際には、いくつかの諸費用が発生します。売却益を得たとしても諸費用で手元に残るお金は少なくなる可能性があります。

例えば住宅ローンの残債がまだある場合、その残高を一括完済するためには売却益から最終的に手元に残る金額を把握することがとても重要になってきます。

そこで、売却の相談をする場合には諸費用を含めた概算の提示をしてもらい、目安をつけておいたほうがよいでしょう。

主に発生する諸費用について

売却に伴い発生する諸費用について一覧にまとめました。
項目名頻度内容費用の目安
仲介手数料不動産会社への仲介業務の報酬売買価格×3.3%+6.6万円
収入印紙代売買契約書、領収書へ貼付するもの売買価格による
抵当権抹消住宅ローンの残債があり、抵当権が設定されている場合2~3万円
住宅ローン返済手数料住宅ローンの残債ある場合、銀行によって返済手数料が必要となる1~3万円
建物解体費用建物を解体して土地として売却する場合目安:木造30坪 90万~150万
土地測量費用土地の面積を実測する、隣地との境界線があいまいな場合にも必要30万円~ 面積や隣地による
ハウスクリーニング費用建物の清掃費用㎡×1,300円程度 建物による
引っ越し、家財処分費用転居先へ荷物を移動するため、不用品の処分費用10万~30万 ケースによる
公的書類取得印鑑証明書等、公的証明書を提出するための費用300~2,000円程度
不動産の譲渡所得税売却益が発生した場合にかかる譲渡所得税所有期間、自己所有等による
不動産を売却する際に発生する諸費用の目安
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
目次