相続放棄すれば空き家管理の責任は免れるのか

目次

相続放棄された空き家問題

 今後も増え続けるであろう空き家について、相続しないケースがあります。

 その原因はさまざまなのですが、簡単に一言で言えば負の遺産であるからでしょう。そのため相続放棄をする手段を取ることで負の遺産である相続を免れるという選択をするのです。これまでの民法では、相続放棄しただけでは管理義務は消えませんでした。(後ほど相続放棄についての問題をするのですが、民法が改正されたためこのあたりの知識も非常に重要になります)

 相続の問題を解決する前に、負の遺産である空き家はそのまま放置することで更に利用価値が下がり続けていきます。

近隣に迷惑をかける結果となり最後には役所等行政も動かざるを得ないという最悪の事態にまで進んでしまいます。このようなことにはならない様、そもそも早い段階で手を打つ必要がありますことは言うまでもありません。

これまでの民法 940条第1項 相続の放棄をしたものによる管理

 民法940条第1項(相続の放棄をしたものによる管理)家や土地を相続放棄しても、その後も責任が及んでいた管理義務について、この度の民法改正で変更がありました。

 これまでの民法では「相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない」としてきました。

 例えば、第一順位の相続人Aは、第二順位の相続人Bが相続財産の管理を始めることができるまでは管理を継続しなければならないとしているだけです。法定相続人の全員が相続放棄をし、次の順位の相続人が存在しない場合には、いつまで管理継続責任を負い続けるのかは不明なままです。


 そのためこれまでわたしたちは、ただ単に相続放棄しても、相続をしっかりと完結させないといつまでも管理責任が残ってしまうんだという認識でいました。

改正民法 940条第1項 相続の放棄をしたものによる管理

そこで改正法では「相続財産に属する財産を現に占有している相続放棄者」だけに責任を負わせることになりました。令和3年4月21日の国会で「民法等の一部を改正する法律」が成立しました。改正法は令和5年4月1日より施行されます。

また占有を開始した以上、その財産を他の相続人や相続財産清算人に引き渡すまでは自分の財産同様に、保存する義務をしなければならないものとなりました。

相続人が複数存在している場合、全く見たことも無い建物を、相続のため突然管理義務が発生してしまう恐れは無くなったと言えます。

(相続の放棄をした者による管理)

第九百四十条 相続の放棄をした者は、その放棄の時に相続財産に属する財産を現に占有しているときは、相続人又は第九百五十二条第一項の相続財産の清算人に対して当該財産を引き渡すまでの間、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産を保存しなければならない。

改正法の施行日2023年(令和5年)4月1日

民法 https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=129AC0000000089
現行と改正後の比較を以下にまとめました。
項目現行改正後(施行日2023年(令和5年)4月1日)
管理責任の発生要件放棄の時に相続財産に属する財産を現に占有しているとき相続放棄の時に相続財産に属する財産を現に占有しているとき
義務管理義務保存義務(自己の財産におけるのと同一の注意)
管理責任の期間相続財産の管理を始めることができるまで相続人又は相続財産清算人に対して当該財産を引き渡すまでの間
比較 民法940条第1項

行政が頭を抱える空き家問題

 このような背景もあり、国土交通省は、各都道府県・指定都市空き家対策担当部局宛に事務連絡(情報提供)として次の内容を通達しました。
相続放棄者の空き家の管理責任の考え方について(情報提供)
 これまで民法改正についてまとめてみましたが、”占有”していることの解釈も簡単でないこともあるのではないでしょうか。
情報提供の中で以下のように表現されています。

”占有者に当たるか否かの判断は、個別具体の事案ごとに判断が必要ですが、例えば対象の家屋に占有者自身の家財や荷物等を保管している場合や、対象となる家屋の鍵を保有している場合には、占有者に当たる可能性があります。”

”占有者がいない場合には、法第 14 条第 10 項の規定に基づく略式代執行を行うことや、民法(明治 29 年法律第 89 号)の相続財産清算人制度を活用することにより、空家等の処分等を行うことが想定されます。”

略式代執行や相続財産清算人制度に至るまでには多くの段階と労力を必要とします。
冒頭にも述べましたが、出来るのであれば活用できる状態のうちに、管理できる方に相談などしてみることが賢明であると思います。


にほんブログ村 住まいブログ マイホームへ
にほんブログ村
目次